スピリチュアルカウンセリング MEDIUM

Loading...

スピリチュアルカウンセリング MEDIUM

Loading...

スピリチュアルカウンセリング MEDIUM

Loading...

2016年4月4日月曜日

スピリチュアル 霊感 霊視 相談 体験 一年前の記事 : なぜそうだったのか…<女性>




車椅子とJR常磐線を利用し、来店してくれました。ありがとうございました。

2015/2/1 相談 HP 身体障害者 幼少の頃に家庭内暴力を受けた。

メール
はじめまして。XX XXです。

本当に解決というか、無くしたいです。
私は、生まれつき足に障害があり、母より虐待を今までの人生のほぼ全ての時間受けてきました。強行突破で何とか1年前に出て来て、役所の助けを借り生活保護を受けて生活しています。それを見て育った兄弟も私に辛くあたります。
そうした状況なので、私自身普段から死ぬ事ばかり考えるようになった事。自分が思っていないし、相手に対しても悪く思っていなくても、死ぬと言ったり極端ではないですが、下ネタを急に普段の会話などで口に出て、私自身と周囲の関係が悪くなるばかりです。
助けて下さい。宜しくお願い致します。

ファイル

母親の躾が良くない。愛が足りない。父親はそうではない。七ヶ月の早産。身体障害者だが、健常者と同じく心を清く正しく心得る事があなたには必要。過去の悪い思い出を拭い去る事がなかなか出来ない。それには、人を許す心を持つ事が必要。そうする事で人とのコミュニケーションが得られ、成長や愛が手に入る。初めから“出来ない”と答えを出せば何もなし得ない。過去の母親の事を許す事。そして女性として心得、意識する事も大事。過去に縛られては何も出来ない。自分に甘くないか、他人との関わりが、足りないかなど見直す事。父親の魂が憑いている。成仏しているが、心配で憑いている。彼は「お金の流れが、あなたに正しく来ていない」と伝えてくる。兄弟や従妹と母親に金銭的に不正があると父親が伝えてくる。独立し、都営住宅へ引っ越し自立する事。簿記検定の試験が今年2度あるが、可能な限りどちらも受け続ける事。諦めるな。希望があるから成長したいと思う。自分に厳しく、律する心は健常者とも差別なく人として必要な事。自分の意思を、善か悪かどちらかに偏らせるかは私たち次第。肉体は障害を持っていても、頑固でわがままでは、心の障害ともなる。

PS、父親の魂からのメッセージと、本人の現状が霊視と一致。


2015/4/4 電話相談 二回目 

ファイル
1、読書をする事、出来るだけ“善”について触れてある物などはなお良い。聖書なども良い。2、祈る事が日常とし、心を善に偏る事。3、瞑想や座禅によって悪い思い出から感情を外す事。その意味は、記憶は残るが、感情はない事。忘れる事であるが、あなたに一番必要な事。前回のカウンセリングから自分の魂の状況や環境について理解はしたものの、悪い癖は治らないので、今回の相談に至る。今日伝えた三つの事を日常とする事で自身の魂の“躾”矯正になる。あなたに限らず、人は人を赦す事が難しいが、みんなに必要な事である。

PS、生活環境も時々変化させる事も必要だが、心の環境も整備する事で人は変わる。


口コミと評判/本物おすすめ霊能者による人生相談と浄霊・除霊はこちらへ!

スピリチュアル カウンセリング 除霊 霊能者 浄霊 霊能者 除霊


携帯はこちらをクリック

詳しくはこちらのホームページをご覧ください。