スピリチュアルカウンセリング MEDIUM

Loading...

スピリチュアルカウンセリング MEDIUM

Loading...

スピリチュアルカウンセリング MEDIUM

Loading...

2017年9月19日火曜日

心霊写真<除霊済み>茨城県南西部 無数のオーブ

 農家の一軒家の屋根裏になりますが、昔から続く武家の家系で、昭和のころまで床の間には刀があったそうです。屋根裏には2本の大黒柱に、日本の有名な神宮、大社、神社のお札が藁の縄で縛られてありました。ご主人は80歳をとっくに過ぎており、全く知らないと言っており、そのお札の古さが分かります。車もない時代に、どうして集めたのか考えると大変なことです。お札は、意味があり屋根裏に縛られており、MEDIUMの霊視により発見する事とになり見つけました。人を切った事の罪から逃れるため、自宅を守るためと思われます。オーブはほとんどが人の魂の不成仏です。浄化には日にちが必要で、今日までUPせずにいました。オレンジ色の光は女性の魂です。
 




長女アンケート

口コミと評判/本物おすすめ霊能者による人生相談と浄霊・除霊はこちらへ!

スピリチュアル カウンセリング 除霊 霊能者 浄霊 霊能者 除霊

携帯はこちら をクリック

詳しくはこちらのホームページをご覧ください。クリック